スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TRANZIT 攻略追記

昨日の日記で忘れたことを追記。



永久Perkについて

とある特定条件を満たすと、通常のドリンクPerkとは別に、Perkをゲットすることができる。
現在は3つ判明しているので、それを紹介。



<リバイブ>
戦闘中に仲間を20回程度蘇生する。
通常のリバイブよりも効果は低いが、蘇生時間が1秒ほど早くなる。
リバイブと併用すると、蘇生が1秒程度で完了するという早業に。



<デッドショットダイキリ>
前作のPerkと同じ効果。
2体のゾンビを同時にヘッドショットでキルする。
スナイパーライフルやExcutionar推奨。
もしくはインスタントキルが発動しているときに狙ってもいい。

照準を合わせると、構えた瞬間のみゾンビの頭に自動的に照準される。
後半になるにつれ、ありがたみが増すPerk。



<バリケード>
バリケードを300枚程度修復する。
修復する速度があがり、木の板ではなく鉄の板が貼られるようになる。
鉄の板に関しては、木の板と比較して5秒ほどの猶予が与えられるので、バスでの籠りなどに最適。



<6つのPerk所持の方法>
今作から出てきたトゥームストーンを利用して、6つのPerkを所持することが可能になった。
やり方は簡単。

トゥームストーンを含む4つのPerkを所持した状態で死に、自殺する。
たとえば、リバイブ、スピードコーラ、ダブルタップ、トゥームストーンを所持した状態で自殺する。
復活したらジャガーノグ、スタミナアップ、トゥームストーンを取得したのちに、自殺した場所で残っているPerkを取得する。
そうすると6つのPerkがゲットできる。

後半になると余裕がなくなるので、回収が難しい。
よって、できるとしたら中盤まで。
その状態で自殺するとどうなるかは不明。



これくらいだろうか。
BO2で書くことはこれくらいで終了だと思うので、今後はよい記録が出たらアップするくらいになるだろう。
スポンサーサイト

TRANZITの攻略

COD、BO2のメインコンテンツの一つ、ゾンビモードの中でも、最もプレイ層が多いであろうTRANZITの記事を書こうと思う。
ただし、当然ながら抜けも多いし、偏った書き方にもなるだろう点に注意願いたい。
(まぁこれを見る人間なんて1人か2人だろうけど)

エリアの説明とそのエリアに何があるかの説明。
あとは基本的なMAP構造など。



1 バスエリア

壁武器:M14(単発式アサルトライフル)、Orimpia(ショットガン)
ドリンク:リバイブ
組み立てるもの:タービン

最初のエリア。
いきなり居る4体のゾンビはポイント稼ぎのためにナイフキル。
ここで組み立てるタービンはパーツの場所が固定であり、かなり色んな場所で使うので、何を持ち歩くか悩んだ場合はこれを持っていればいい。

バスが居なくなった後は、MAP自体は狭いものの、案外ソロでもプレイしやすい。
ゾンビもトレインさせやすく、タービンを疑似的なデコイにできたりもする。
ただ、バスがいるときは非常に狭く、とてもツライ戦いとなるだろう。
また、2人以上で動く場合は、ここはさっさと通り抜けたほうがいいだろう。


1.5 トンネルエリア
バスエリアから霧の中を走っていくと、森の住人が出てこなくなるエリアが、ここのトンネルエリア。
壁武器に「COLTM16A12」(3点バーストのアサルトライフル)がある。
広い場所であり、ゾンビもトレインしやすく、M16があるため弾の心配もいらない。
まさにソロ活動にうってつけ。

欠点としては、事故ってしまったときにPTメンバーが駆けつけづらいところ。
変なところからゾンビが湧いてくるところであろうか。
しかし、それを補えるのがM16の存在だろう。

ちなみに、ここにジェットガンのパーツの一つが落ちている。



2 レストランエリア

壁武器:MP5(SMG)、カルヴァナックル
ドリンク:スピードコーラ
組み立てるもの:ゾンビシールド

バスが止まる2つ目のエリア。
ここもソロで活動しやすいが、2人以上で活動にするには厳しい。
一応ぐるりと回ることは可能だが、道自体は非常に狭い。

ここの目玉はカルヴァナックルだろうか。
ステージ13まではゾンビをワンパンチでキルできる。
また、森の住人とのやりとりを考えると、取っておいて損はない。



3 農場エリア
壁武器:R-870(ショットガン)、クレイモア
ドリンク:ダブルタップ
組み立てるもの:タレット

全体的に暗く、中々難しいところ。
入口部分は意外と広いので、ソロで活動する場合は入口トレインがいいかもしれない。
バスの到着もすぐにわかる。

タービンで扉を開けた先にクレイモアがあるが、これはステージ開始時に2個補充される仕組みになっている。
最大所持数は2なので、ドンドン使用していくとよいだろう。
ちなみに、ストックしようとしても、設置上限が12なので、あまりストックはできない。



3.5 サトウキビ畑エリア
農場エリアをから霧を進んでいくと、サトウキビ畑がある。
入り組んでいて非常にわかりづらいが、その先には小屋があり、ジェットガンのパーツがある。
ジェットガンを組み立てたい、もしくは、一度でいいから行ってみたいという人は積極的に狙っていきたいところ。



4.発電所エリア
壁武器:AK-74U(SMG)
ドリンク:トゥームストーン
組み立てるもの:電源、電磁罠

重要設備、電源がある場所。
電源を入れなくてもドリンクは飲めるが、タービンが必要だし時間もかかるので、素直に電源を入れたいところ。
1人でやると非常に時間がかかってしまうので、3人で協力して組み立てないと確実にバスにおいていかれる。
電源を入れるとアボガドロ(電気ビリビリのやつ)が出てくるので、倒すまでは注意して行動すべし。

バスがいないときに限り、ソロでも活動しやすい場所。
AK-74Uがあるので、案外行動しやすい。
行動する際は固まって行動するか、ソロで行動するかの2択。バラバラに動くと確実に死ぬ。

バスがいると入口を塞いでしまうので、追い詰められた際は、霧の中に突っ込んでいったほうがよい。
つぎのエリアまでは距離もあるが、落ち着いて対処すれば、森の住人も怖くない。
ジャガーノグなしでも余裕で次のエリアに到達できる。

ちなみに、ここにもジェットガンのパーツがある。



4.5 古小屋

発電所から右づたいに進んでいくとたどり着ける。
ここにはボウイナイフとジェットガンのパーツがある。
カルヴァナックルがあるので、ボウイナイフにはあまり使い道がないのは確か。
とはいえ、3000Pで9ラウンドまで無双できるので、取得するのもアリだろう。
ナックルは6000Pで高いしね。

ここまでの4つのパーツを取得することで、タウンエリアでジェットガンの作成が可能になる。
パーツは1度に1個しか持てないので、ソロだと超めんどい。



5 タウンエリア

壁武器:タービンで開けた先になにかある(私は開けたことがない)
ドリンク:ジャガーノグ、スタミナアップ
組み立てるもの:ジェットガン、Pack A Punch
銀行設備アリ(ポイントを預けたり引き出したりできる)

超重要ドリンクのジャガーノグがある。
銀行設備を使ってもいいから飲んでおきたい。
飲むにはタービンか電源が必要なので、ジャガーノグを飲むまではタービンを持ち歩いてもいいだろう。

銀行設備に関しては、1000ポイント単位で預けたり引き出したりできる。
上限は25万。
金庫のような扉をグレネードで吹き飛ばすと使用可能になる。
また、その先の金属扉もグレネードで吹き飛ばすことができ、その先でPack A Punch を組み立てることができる。

ミステリーボックスがある場合、ここに籠るのは非常に有効。
2人までなら十分に対処できる。
広い上に立体を生かすことができれば、とても楽に対処ができる。

SURVIVALでTOWNを選択することもできるので、そちらで練習もできるのが良いところだろう。



<TRANZITの立ち回り>

3人以上であれば、バスに立てこもるのが有効。
20ラウンドくらいまでは十分に対処可能だろう。
その先はメンバーの腕次第。
自分ひとりで十分だ!という方は、まぁがんばってください。

後半になるとゾンビがやたらと硬くなるので、バラバラに分かれてソロで活動したほうが案外楽。
ゾンビもその分ばらけてくれるので、プレッシャーも少ない。
後半になったら、ヘッドショットを狙って、ゾンビの数を減らすことを優先する。
数が半端ないので、集中力の持続が難しくなるからである。

銃の選択に関しては、ポイント稼ぎ用の機関銃、もしくはGalilが一つ。
もう一つは緊急回避用にレイガン、Excutionarあたりがオススメ。
壁武器があるなら、そちらを使用してもよい。

森の住人(デニズン)に関しては落ち着いて振り落せばよい。
通常のナイフでは4発、ナックルだと2発で済む。
あと、アボガドロに苦戦するようなら、バスに招いて皆でタコ殴りにするといいだろう。



大雑把であるが、こんなところか。
TRANZITは、よくも悪くもPTメンバー次第のところがあるので、運の要素も強いかもしれない。
では、各人の健闘を祈る。

SURVIVAL TOWN

中々よい記録が出たので、記念にアップしておこう。

DSC00010.jpg

2~3時間くらいずっとやっていた。
すごい疲れた。
集中しっぱなしにも限界がある。

途中でミステリーボックスから、レイガン、HAMRが出たので、それでやっていたが、終盤は弾不足。
アップグレードしても足りないっていうのは、やはり厳しいな。
ポイントを稼ぎたいならHAMRとRPDなんだろうけど、やはり緊急用にレイガンはほしいところ。

ステージ13まではナックルで稼ぎ、あとはひたすら撃つだけ。
複数人数でやると、ゾンビの動きが複雑化して難しいな。

ゾンビ!

最近はゾンビものも増えた気がする。
L4Dとか、バイオハザードとか、龍が如くも敵がゾンビのVerあったな。

COD、BO2のゾンビモードであるが、3つのモードがある。

1.TRANZIT
2.SURVIVAL
3.GRIEF

1に関しては、猛烈に長いので、今回は割愛。
主に2,3について触れる。



SURVIVALについて

3つの場所があり、ただひたすらに次のステージに進むことを目的とするモード。
ステージが進めば、当然出てくるゾンビは強くなり、移動スピードも上がる。
ステージ10を超えると、ゾンビの数がやばいことになる。

特定の場所に銃やPerkがあり、ポイントを消費してゾンビと戦う準備を整える。
ポイントについては以下の通り。
微妙に数値が違うかもしれないが、そこはご愛嬌。

ゾンビに1撃当てる   ・・・ 10ポイント
バリケードを修復する  ・・・ 10ポイント
ゾンビを倒す      ・・・ 50ポイント
ヘッドショットで倒す  ・・・100ポイント 
ナイフやナックルで倒す ・・・130ポイント

近接攻撃で倒すとポイントが高いので、ステージ2までは近接で倒したい。
また、ナックルを取得しているのであれば、ステージ10までは近接でいける。
ただ、近接攻撃は反撃も痛いので、無理はしない。

ゾンビモードには自販機が置いてある。
ポイントを消費するとドリンクに応じた恩恵が受けられる。
ただし、一度でもダウンすると、全てのドリンクの効果は消える。

ドリンクの特徴も下記しておこう。



1.ジャガーノグ(2500pt)
体力アップ。
ゾンビの攻撃に少しだけ耐えられるようになる。
最も優先するドリンク。


2.ダブルタップ(2000pt)
連射速度アップ。
機関銃やアサルトライフルを持っている場合はとても有効。
これを所持している場合、ゾンビをトレイン状態にしてから銃を撃ちたい。
ただし、すぐに弾が尽きることになる点に注意。


3.スピードコーラ(3000pt)
所謂「早業」。
リロードの時間短縮。
便利といえば便利だが、ポイントが高いので少々飲むのに躊躇う。
レイガンを持っているならば飲んでもいいが・・・


4.リバイブ(1500pt)

仲間がダウンした際の、蘇生時間短縮。
仲間を蘇生することでもポイントは稼げるので、状況によってはポイントも稼げる。
優先度は高くないが、持っていると何かと便利なことは確か。


5.スタミナアップ(2000pt)
移動速度アップとダッシュ時間の延長。
より長いこと走れるようになる。
TRANZITでは役に立つが、SURVIVALでは微妙。


6.トゥームストーン(2000pt)
ダウンした際に即座に自決できる。
ステージが進んで復活した際にダウンした場所にいくと、ダウンする前に所持していたPerkや銃を取得可能。(本人限定)
使いどころは難しいが、使いこなせれば非常に頼もしい。



今作は場所ごとに特徴のあるMAPとなっている。
MAPの特徴を簡単に紹介。



1.BUS
Perkもなく、とても狭い。
SURVIVALでは最も人気のないステージ。
銃の種類もM14、Orympus、R870、MP5しかない。
他のMAPも銃の種類は少ないが、MAPが狭すぎる。

頼れるのはミステリーボックスのみ。
機関銃やレイガンはほしいところである。
正直、ここはTRANZITでやったほうが楽しい。



2.TOWN
Perkも多く、Pack a Pcnchもある。
ミステリーボックスもあり、ナックルもある。
MAPは立体構造の部分も多く、SURVIVALでは最も楽しいステージかもしれない。
まずはハンドガンとM14で3250ポイントを貯め、ジャガーノグのところの扉を解放してジャガーノグゲット!
もしくはいきなりミステリーボックスに走ってもいいし、ナックルゲットまで粘るというのも手。

広くはないが、色々と戦術は立てられるMAPだろう。



3.FARM

少しのPerkとミステリーボックスがある。
ジャガーノグもあるので、やりようによっては長時間生き残れる。
狭い場所が多いので、難易度は高い。
私はほとんどやったことがない。





次にGRIEF。
といっても、紹介すべきことは少ない。

GRIEFがプレイできるのはTOWN、FARMのみ。
要するに、8人でやるSURVIVALのようなもの。
2チームに分かれてプレイすることになるが、基本SURVIVALと同じ。

相手チームが全滅し、そのステージを生き残ることができたチームが勝利。
マナーの悪い人もおり、私は楽しめなかったので、ほぼやっていない。



ゾンビは以上である。
TRANZITはとても長いので後日、余裕があったら紹介してみよう。

マルチプレイ

歯医者での壮絶な戦いを経て、なんとか帰還。
今日は超痛かった。
何勘違いしてるんだ?この虫(歯)野郎!まだ俺のバトルフェイズは終了してないZE!って感じで痛かったです。

とはいえ、運の良いことに私の担当医はとても美人のお姉さんなので、歯医者に行くのが楽しみだったりする。
○○しますね~って優しく言ってくれるんだぜ?たまんねぇ・・・



さて、今日はCODのマルチプレイについて語ろう。
マルチプレイとは、同時に接続している他のプレイヤーとゲームを楽しむモードである。
内容について、大雑把には以下の通り。

1.チームデスマッチ、キル・コンファームド

大勢の味方、大勢の敵で戦う集団戦。
初心者からベテランまで楽しめる万能モード。
故に最も人気が高い。
初心者であっても、味方にくっついていってアシストプレイをしたり、意外な隠れ場所を覚えられるのがとても良いと思う。

2.フリーフォアオール

周りは全て敵のバトルロイヤル。
銃を撃たないと敵を倒せないが、撃つと居場所がばれて他のプレイヤーに蜂の巣にされる。
このあたりのバランスがとても好きで、私は結構やっている。

3.ドミネーション
2つのチームに分かれて3つの拠点をとりあうモード。
拠点を維持していた時間に応じてポイントが入る。
キルが勝利に直結せず、色物プレイも可能なため、これも結構好き。
私の場合、ヘビーガンナーで制圧射撃をするのが大好きだ。
倒すのではなく、引きつけ釘づけにする。
こういうプレイができるのがいい。

4.キャプチャーフラッグ
敵の陣地にある旗を自分の陣地に持ち帰るモード。
これはキルが勝利に関係なく、いかに隠れたり避けたりできるかが勝負。
旗を奪取した瞬間の興奮は相当なもので、ふおおおおお!とアドレナリンが大放出される。
無事に持ち帰ったときなんて、最高の瞬間である。

5.サーチ&デストロイ

攻撃側と守備側に分かれ、時間内に対象物を爆破できるか守り切れるかの勝負。
私はこれが一番好きである。
死んだら復活できないので、立ち回りは自然と慎重になる。
1キルが非常に重く、これが上手な人はどこでも上手い。



他にもヘッドクォーターとかデモリッションとかあるけど、そちらは割愛。
あまり好きなモードではない。



次に武器の紹介。

1.アサルトライフル
近距離~遠距離までこなす万能武器。
オールレンジであるため、使いこなせれば場所を問わず活躍できる。
Perkやアタッチメントの幅も広いので、同じアサルトライフル使用者でもかなり個性が出るだろう。
個人的にはリフレックスサイトとの相性が良いと思う。
アタッチメントでグレネードランチャーをつけるのもアリ。
私はあまり使わない。

2.SMG
近距離~中距離までの武器。
連射性能が非常に高く、主に近距離で活躍できる。
構えながらでも素早い動作が可能。
腰だめ射撃をすることが多いので、腰だめ射撃の命中がアップするレーザーのアタッチメントと相性がよい。
私のメイン武器で、よくマラソンしながら撃ちまくっている。

3.ショットガン
近距離用の武器。
一発の威力が非常に強いが、ちゃんとエイムしなければならず、距離適性も狭い。
狭い場所では鬼のように強いが、少しでも開けた場所になると圧倒的に不利。
とはいえ、ベテランが持つと以上に強い。
反撃の隙を与えられずに瞬殺される。
私はほとんど使用しないが、たま~に使うと新鮮で面白い。

4.機関銃
中距離~遠距離用の武器。
装填数が非常に多いので、ずっと連射し続けない限り弾切れを起こすことはない。
一撃の威力は中々のものだが、連射性能は低く、リロードにはものすごい時間を要する。
アタッチメントとしてはファインダーが最適だろう。
ドミネーション時のメイン武器。
これで制圧射撃をするのはとても楽しい。

5.スナイパーライフル
遠距離用の武器。
一撃の威力がとても高く、基本的に当てれば倒すことが可能。
遠距離を見渡せる分、近距離にめっぽう弱く、近づかれるとベテランでない限りなにもできず倒される。
安全地帯から動かずじっと敵がくるのを待つプレイヤーもいて、「芋虫のようなスナイパー:通称イモスナ」として嫌われるプレイスタイルの一つ。
自分から動かないプレイヤーは、イモってると言われ、基本的に嫌がられる。
なぜ嫌われるかは、そのプレイスタイルが非常に有効だからであり、なんとも微妙なところである。
私は落ち着きがないので、基本的にイモれない。
スナイパーライフルを持っても、なぜかマラソンをしだす意味の分からないことをしてしまう。
とはいえ、スナイプした瞬間の高揚感が好きで、時々使ってたりもする。

6.ハンドガン
近距離用の武器で、サブ武器として持つことが多い。
威力は低いものの、Perk次第では非常に強力となるので、メイン武器として使う人もいる。
連射が速いものから一撃が重いものまで様々であり、人によって好みが分かれるだろう。

7.ランチャー
対地ミサイル、対空ミサイルなど、特殊な用途に使うサブ武器。
RPGは上手な人が使うと凶悪な武器となるし、対空ミサイルは敵のキルストリークをつぶすことができる。
上手く立ち回れない初心者の人は、対空ミサイルを持って、航空機を撃ち落とすだけでも楽しくプレイできたりする。

8.スペシャル
コンバットナイフのような近接武器やアサルトシールドのような特殊な武器。
コンバットナイフは敵に接触しないとキルできないが、これだけでやっていく人もいる。
上手い人のプレイの様は華麗というほかなく、もはや気持ち悪いレベルである。
アサルトシールドは設置したりもできるので、ハンドガンをメイン武器としている人はこれを有効活用していたりもする。
このシールド、ドミネーションでは強烈な武器になり、私の制圧射撃を悉く邪魔する。
とても憎いやろうである。

9.グレネード

セムテックスやフラググレネードのようなキル能力を持つもの、コンカッション、フラッシュバン、スモークグレネードのようなサポート能力しかないものの2タイプ。
サポートグレネードは適当に投げるだけでも効果があったり。
基本的に、グレネードは投げる動作に入ってから3秒くらい待つといい。
適当に投げているだけで、たまにキル数が稼げたりする。



慣れている人は自分のプレイスタイルがあるだろうから、何もいわん。
初心者に対して。

マルチプレイをする際、何を選んだらいいかわからないという人がいたら、あらかじめ設定されているクラスを選ぶといい。
偵察兵、工作兵とかがそう。

中でもオススメなのが、ヘビーガンナー。
弾数が多いのでリロードを気にする必要がなく、銃を構えていれば敵の位置を視覚的に教えてくれるのだ。
こんな感じ。

DSC00008.jpg

この赤い◇が見えたら、そこに向かってひたすら撃ち続けるだけでいい。
これだけでも、結構活躍できたりする。

余裕が出てきたら、他の武器も試してみるといいだろうが、初めてで・・・という場合は、このヘビーガンナーを強くオススメする。


マルチプレイに関してはこのくらいで。
基本的に人によってプレイスタイルが全く異なるので、自分の好きなスタイルを築き上げていくといいだろう。
リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

wezry

Author:wezry
PSO2のシップ8(ウィン)にてプレイ中。
見かけたら、お気軽に声をかけてください。
一応チーム「れぎ☆おん」のマスターやっとります。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。